株式会社ナカムラの家守り通信

我が社では、“家守り通信”というニュースレターを年に3~4回発行しています。
ご家族の生活スタイルにあった暮らし方って?
居心地の良さって?
住まいのお役立ち情報や家守りのコラムなどを掲載しています。
紙面版家守り通信は、家守り直筆のなんともいえない味わいと毎回登場する家守りの似顔絵が心なごむとご好評いただいております。
こちらは、電子版家守り通信です。
過去に出した家守り通信からの抜粋に加え、新しい情報を皆さまにお届けします。

2012.3.15 update

2012/春

どうも、停電は落雷によるもの以外は経験が無い「家守り」です。

関西電力の高浜原発3号機が定期点検の為2月20日に停止しました。これで11基ある関西電力の原発は全てが停止しています。再稼動の目途はたっていません。

関西電力は他の電力会社会社より、原発の依存割合が高く、約40パーセントが原発による発電で電力供給しています。関西の電気は火力発電のフル稼働と、他社からの電力購入に頼る正に「危機的状況」になっています。

しかも、火力発電に使用する液化天然ガスは備蓄が全国で2日分しかありません。

今まではスイッチを入れれば、照明や家電製品が当たり前に使用できる生活が一変する可能性もあります。

これからは一人ひとりが出来る事を考え、大切なエネルギーをどう有効に使用するかを実践しなければならない時代です。

地熱、風力、太陽光、など、クリーンなエネルギーをもっと有効活用し、美しい安全な環境を後世に伝えていきましょう。

もちろん、住宅用太陽光発電も「家守り」㈱ナカムラまでご相談ください。

 

お客様をご紹介します! 谷口兄弟治療院

看板とシャッターの改修をさせていただきました!

家守りも大変お世話になっております。疲れや腰が筋肉に出る家守り。先生のおかげで、日々、元気にお仕事させていただいております!何はともあれ、いつも親身で温かい先生のお人柄、そして、治療院の雰囲気に癒されます。

なぜ兄弟治療院なの?

先生の弟様は糖尿病を専門とする内科の医学博士。もちろん弟様との連携もあり、いずれはご一緒に治療活動を行っていくとお伺いしております。

お笑い好きの先生

日本笑い学会会員でもあります。笑いは免疫力をもあげる?!もちろんストレス解消も“笑い”

先生より

東洋医学と西洋医学の良さを統合させたより良い医療を目指しています!揺らぐ事のない信念を持って日々頑張ります!

谷口兄弟治療院は?

鍼を中心に様々な診療・治療を行ってくださいます。地域のクリニックや病院との連携体制を大切にされてます。私たち患者からすると、とっても安心ですよね。

*産科・婦人科疾患など、性差診療も行っています。(女性鍼灸師常勤)

2012年の抱負として掲げられています!

「身体守り」「心守り」~心身共に健康になって頂くために、よりよい医療を目指していきます~

日・祝日休診 

朝9時~12時まで 月~土  昼14時~17時まで 月・火・木・金  夜20時まで 火・金                     

〒603-8167 京都市北区小山西大野町78ライオンズマンション北大路102号                                      北大路交差点 南西角

http://www.taniguchi-bro.net/   ご予約はこちらまで 075-432-5144

鍼灸師・介護支援専門員・日本鍼灸会会員・日本自律神経免疫治療研究会理事     院長 谷口茂樹

ほんまでっか!?

ホンマでっか!?その① 京都市住宅耐震助成金について

京都市は既存民間住宅の耐震化が進まない現状を踏まえ、簡易な耐震改修工事にも費用を助成する方針です。工事内容は ①屋根の素材を軽くする工事 ②建物4墨への耐震壁の設置 ③基礎の補修 などが検討されています。費用の9割、上限は60万円としています。事前に耐震診断を必要とせず、申請手続も簡素化する方向です。但し、どんな建物でも助成する訳ではなく、一定の基準は設けるようです。

ホンマでっか!?その② 平成24年度税制改正について

現在審議中の税制改正についての傾向です。 *相続税⇒増税  *消費税⇒増税  *法人税⇒減税  *固定資産税⇒増税  *贈与税⇒減税   などです。 その中でも、昨年から検討されている相続税は、基礎控除額を大きく減らす方向です。生命保険の非課税も、生計が同一者、未成年者、障害者以外は課税されるようです。対策としては、①減税傾向にある贈与を活用する ②なるべく親子で同居する ③納税方法、分割案を事前に作成する ④未利用の住宅用地は売却、もしくは有効活用を行う などが考えられます。

ありがとうございました

お正月明けに㈱ナカムラに集まったエコキャップを“NPO法人エコキャップ推進委員会”に送りました。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「エコキャップがワクチンになる」と聞き、少しでもお役に立てればと、ナカムラでも集めることになり、早4年が過ぎました。

今回2000個送り、推進委員会より受領書が届きました。ご協力ありがとうございます。皆様のご厚意を大切に致しますと書かれていました。ワクチンは2.5人分だそうです。  

エコキャップ推進委員会  H19年12月~H22年11月まで 計51,603,902円                JCV(NPO法人世界の子供にワクチンを 日本委員会)へ寄付                      

H23年5月~H23年9月 計40,000,000円 (宮城県、岩手県、福島県、茨城県へ各1000万円を義捐金として寄付)

と報告がありました。私たちが集めたエコキャップがこんな形で人のお役にたっているとは嬉しい限りですよね。

引き続き集めております!まとめて私どもがお送り致します!

このページのトップへ戻る